海外在住の日本人を訪ねるテレビ番組、結構好き。
なんとなく観ちゃう。
わ~日本からずいぶん遠いな~と思いながら。

でも、自分が行った事がある場所だと、

え?そこ、長距離バスに乗っちゃうの?
10時間以上も??
徒歩5分の国内線空港で乗換れば
飛行機で1時間だよ??

と言うのがあったり、
先日、更にびっくりしたのは、

バルト海の真珠と言われるデンマークのボンホルム島。
人形劇フェスティバルで2回ほど行きました。
番組では、日本を出発してから目的地到着まで35時間半って紹介されてました。
まぁ、その方がドラマだよね。

ボンホルム島へは、ドイツと スウェーデンと デンマークからフェリーが出ています。
が、私の場合、ひとりで演具運ばなきゃならないし、
コペンハーゲンの空港はきれいで巨大で待ち時間も苦にならないので、
2013年&2017年の2回とも、飛行機の乗継ぎで行きました。
コペンハーゲン → ボンホルムは直行便があります。

乗継ぎが3~4時間待ちの時もあるけれど、
番組で訪ねたみたいに、コペンハーゲンから国境越えてスウェーデン行って、
そこからバスで1時間半かけて港まで出て、
フェリーの手続きをして、出航を待って、
更にフェリーに1時間半乗るよりは楽よ。

だって、直行便は飛行時間30分だもん。
チェックインしちゃえば大荷物も持ち歩かなくていいし。
しかも、最初に行った時は、北欧の航空会社を利用すると、
日本 → コペンハーゲンまでの料金で、ボンホルムまで乗れました。
(現在はわかりませんが・・・)
R0011097
コペンハーゲンを飛び立って約30分、ボンホルム島みえてきました!
R0011098
そして、もうひとつ、トルコが 「シリアやイラク、イランなど、ちょっと危ない国と隣接しています。」 と紹介されちゃってたけど、実際番組内で訪ねていたのはトルコのヨーロッパ側(ギリシャの上、バラで有名なブルガリアの下)世界遺産、トロイの木馬のあるところ。
トルコは香水などに使われる原料のローズ・オイルで世界一の生産量を誇っていたりする。
DSC06024
こうゆーのって、
「 なんだかどうしようもなく 遠くて 辺鄙で、
とてもじゃないけれど、そう簡単には行かれないし、
ちょっとキケン」 
というイメージついちゃうじゃない?

でも、行った事がない場所だったら、きっと私もそう思っただろうな~☆